シュノーケリングにおすすめの服装は?日焼けもクラゲも怖くない完全装備!

この記事は約10分で読めます。

gotosea

若い頃はともかくですが、40を超えると水着のままビーチでのんびり・・・なんてことはできません!

日焼けお構いなしに、ビーチでのんびりしている欧米人たちの眼には、全身UV効果の高いラッシュガードで被った日本人は異様に映るかもしれませんが。。。

でもですよ!

”背に腹はかえられない!!!”

というわけで・・・私たちは必ずラッシュガード持参です!

40代を迎えた私たち夫婦は、特にシュノーケリングが大好き!

が、これ一番危険です!うっかり水着でなんかやった日には、背中もふくらはぎも太ももの裏も大変なことになります!

スポンサーリンク

シュノーケリングする時の服装は?

シュノーケリングをする時の服装ですが、シュノーケリングツアーなどで若いカップルなどとご一緒すると皆さん大抵水着オンリーです。

若いっていいですね。。。と思って見ていましたが、日焼け以外にも気を付けなければならない敵がいるのもお忘れなく!

それは、クラゲ! どんなに綺麗な海でもクラゲが絶対いないとは限りません。そしてクラゲは直接肌に触れてしまうと大変なことになります。

以前に訪れたマレーシアでも、若い女性2人組がビキニのままシュノーケリングを行って、クラゲに刺されて真っ赤になって可哀想でした。そんな悲しい思いをしないためにも完全防備でいきましょう!

私達夫婦は、沖縄、東南アジアリゾート、ハワイ、グアム、グレートバリアリーフ どこの海に行く時も忘れないのがこちらのセット!ということで紹介していきます!

ちなみに、これだけの装備で行くと、結構「うぉ!本格派!?」的な眼で見られることもありますが、シュノーケリングセットは現地調達しているビギナーです!汗。

スポンサーリンク


ラッシュガード

ラッシュガードは、やはり長袖がオススメです!

ビーチや船の上ではパーカータイプが一番いいですね。パーカータイプなら、水着の上からさらっと羽織って前を開けておけるし、日差しが強い時には、フードを被ることもできます。もちろんパーカーの前を閉めれば海に入る時も問題ありません。

ただ、ちょっとフードがついていると水の中で邪魔になることもありますので、アクティブさを優先するなら、パーカーではなく、普通の長袖Tシャツタイプにした方が泳ぎ安いです!

というわけで、いくつかラッシュガードを紹介!

長袖Tシャツタイプ

メンズ・レディース用サイズ・色展開豊富なシンプル長袖ラッシュガード
  • とにかくシンプルなUPF50+の長袖ラッシュガード。
  • サイズはXS〜XXLまであるので、メンズ・レディース両方に対応可。
  • 色も16色揃ってお買い得なお値段。
スッキリしたデザインだけどフェミニンなレディース長袖ラッシュガード
  • 袖部分が柄になっていてオシャレ
  • サイズはS〜XL レディースサイズ
  • UPF50+ & 4Wayストレッチで高機能

 パーカータイプの長袖ラッシュガード

最近の主流はパーカータイプ。気軽に脱ぎ着ができるのも魅力。

シンプルな無地ラッシュガード パーカータイプ
  • UPF50+で無地8色展開
  • サイズは M〜L と L〜LLの2種類
  • シンプルで飽きのこないデザイン
上下2点セットのカワイイ柄のラッシュガード
  • 花柄やリーフ柄などガーリーな7パターン
  • サイズはS〜Xlまで4展開
  • ショートパンツとの上下セットになっていてお得!

最近は上下セットや水着なども含めた4点セット5点セットなどもあって、お得に購入することができますね。

スポンサーリンク


 

サーフパンツ

サーフパンツは膝上だけや、ショート丈、色々ありますのでお好みで!
ラッシュレギンスを履く場合は、短くても気にならないし。。。

3つの丈から選べる水陸両用サーフパンツ
  • 丈がロング・ミドル・ショートの3種類から選べる
  • サイズはWS〜W4Lまでの7展開
  • 無地〜柄物まで豊富なバリエーション
  • UPF50+、速乾吸汗、など多機能
Ocean Pacific(サーフブランド)のレディースサーフパンツ
  • カリフォルニアのサーフブランドの品質
  • オシャレでクールなデザイン
  • サイズはS〜XLまで4展開

ラッシュレギンス・トレンカ

シュノーケリングをする時にラッシュガード着ている人は多いのですが、意外と足は素足のままっていう人も多いですよね?

でも、シュノーケリングは、ダイビングと違ってずっと水面に浮いている状態なので、ふくらはぎや太ももの裏側が太陽に晒され、真っ赤になってしまうことも・・・。

というわけで、私のおすすめは、サーフパンツそして、その下にはさらにラッシュレギンスやトレンカ(いわゆるスパッツ的なもの?)を履くことです。

UPF50+・水陸両用のラッシュトレンカ
  • サイズはM〜LLまで3展開
  • UPF50+速乾性
おしゃれなミドル丈のラッシュトレンカ
  • めずらしいミドル丈のラッシュトレンカ
  • UPF50+吸水速乾
  • サイズはM〜LLの3展開
メンズ用のラッシュトレンカ
  • ウエットスーツのインナーとしても◎
  • UPF50+の撥水素材
  • M〜LLの3展開

 

シュノーケリングソックス

意外と重要なのが、シュノーケリングソックス。これは日焼け用ではなく、足の保護用です!

スポンサーリンク


 

特にビーチインでシュノーケリングをする場合ですが、海の中は意外と石ころだったり、珊瑚の残骸だったり、あるいは危険生物だったりがいたりして、知らない間に足の裏を切ってしまったりということがあります。

また、シュノーケリングツアーなどで船から海に入ると言う場合でも、フィンを付ける時に足を保護してくれるので重宝します!

本格的なシュノーケルソックス
  • S(〜23cm) からXL(27cm〜)と男女共に使用可
  • 足底には滑り止め加工
足袋タイプでそのままサンダルも履けちゃう!
  • S〜XLまでサイズ展開!22cm〜29.5cmまで対応
  • ウェットスーツ素材で履き心地◎
  • 足袋大雨なのでサンダルも履ける

 

マリングローブ(手袋)

軽いシュノーケリングならあまり必要ないかもしれませんが、手を焼きたくない人、クラゲが怖い人、ネイルを保護したい人にはオススメなのがマリングローブ(手袋)です。

ま、ついつい面倒で持って行っても使わないことも多いので、なくても良いですが、ネイルをしているとやっぱりあった方が安心ですよね。

  • こちらはサイズ3展開(S〜L)で21cm〜26cmまで対応
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイビング グローブ [ AQUALUNG ] アクアラング マリングローブ ピンク
価格:1925円(税込、送料別) (2021/7/10時点)

楽天で購入

 

 

いかがでしたでしょうか?

シュノーケリングを楽しむ時に「絶対焼きたくない!」「クラゲ怖い!」という人のお役に立てれば幸いです。

 

 

※このページの最上部で使用している写真は、Photo ACさんのフリー写真をお借りしております。

タイトルとURLをコピーしました