沖縄の新観光スポット:空港から近くて夕日がキレイ!瀬長島ウミカジテラスって?

この記事は約5分で読めます。


那覇空港から車で約15分の瀬長島に、2015年7月にオープンした瀬長島ウミカジテラスって知ってますか?
元々は2013年にオープンした瀬長島アイランドリゾートという温泉施設を有するリゾートホテルがオープンし、そこに飲食店などを中心とした商業施設「瀬長島ウミカジテラス」が誕生したのだそうです。

丘の斜面をそのまま利用し、真っ白な外壁の店舗、真っ白な階段が並んでいて、ヨーロッパにある白壁の街のような雰囲気を醸し出しております。

今回はそんなウミカジテラスの情報と、実際に行ってきた感想をまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

瀬長島ウミカジテラス 基本情報

住所とアクセス

住所:縄県豊見城市瀬長174番地6

車でのアクセス:

那覇空港から車で約15〜20分。
那覇・国際通りから車で約25分。
島ですが、陸路でつながっています!

タクシーだと、片道2000円〜3000円くらい(混雑状況により)みたいです。

無料シャトルバス

ゆいレール 赤嶺駅 と 瀬長島ホテル前を結ぶ無料シャトルバスが
1時間に1〜2本出ています。
帰りのみですが、赤嶺駅を経由して、那覇空港へ行く瓶もあるみたいです。
詳しいバスの時間は公式HPにてご確認ください。

301 Moved Permanently

また、19時、20時、21時のそれぞれ1時間に1回のみですが、
国際通りの端にある「パレットくもじ」とを結ぶ無料シャトルもあります。

国際通りから行く場合は、行きをゆいレール赤嶺駅からのシャトル。
帰りをパレットくもじ行きにする、ということもできますね。

でも注意が一つ!
シャトルバスは本数がない上、バンなので、それほどたくさんの人は乗れません。
早い者順なので、乗れない時はタクシーなどを利用するしかなさそう。。。
早めに乗り場に並んでおくのがベストです。

スポンサーリンク


営業時間

10:00~21:00 ※店舗により一部異なる。
年中無休(店舗により異なる)
※変更の場合がありますので、公式HPで確認ください。
→公式HP

店舗数・種類

公式HPには「33店(飲食物販29店、体験・マッサージ等4店)」と記載がありますが、実際行ってみると、営業中のお店はそこまで多くなかった気がします。お休みしているところや、改装中のところも数多く見られました。
(2017年2月時点)

全体的には
・飲食店 80%
・雑貨屋 15%
・それ以外 5%
くらいの割合かな?という印象ですので、
「ショッピングに行く」という目的ではおすすめできません。
景観+お茶 または ご飯 という感じです。

琉球温泉 龍神の湯

瀬長島ホテル内には、日帰り入浴も可能な、地下1,000mから湧き出る天然温泉を有する「龍神の湯」があります。
入浴しながら、慶良間の海を眺めたり、美しい夕陽を堪能できる素晴らしいロケーションが魅力です。

入場料金:※2017年3月現在
大人(中学生以上)平日1,330円 土日祝1,540円
小人(小学生)/720円
※消費税込 ※入湯税・消費税込
※バスタオル・フェイスタオル付き

営業時間
6:00~24:00(23:00最終受付)

別メニュー
マッサージ、垢すりなどあり

詳しくは公式HPでご確認ください。
http://www.hotelwbf.com/senaga/jp/hotbath/index.html


瀬長島ウミカジテラスのココがおすすめ!

夕日が美しい!

ウミカジテラスは、夕日が美しいスポットとしても有名です。
丘の斜面に建てられた各店舗の前にはテラスがあり、そこから夕日を眺めることができます。
お店でドリンクなどを注文して眺めるもよし。無料で開放されたエリアもあるので、ベンチなどに座ってゆっくり夕日を堪能することもできます。

遮るものが何もないので、海と夕日の絶景を楽しむことができるおすすめスポットですよ!

飛行機がこんなにも近くに

空港にかなり近い位置にあるため、飛行機の離発着が間近で見られるスポットとしても有名です!

JALやANA機を中心に、米軍機などが飛んでいることもあります。
写真を撮るなら、シャトルバスを降りたホテル前から、ウミカジテラスと反対側に向かって歩いて行くと、眺めの良い広場があります。駐車場があるあたりになりますが、ベンチもあって見晴らしのよい場所になっているので、そちらがおすすめです!

美味しいスィーツ!

ウミカジテラスの中には、たくさんの飲食店がありますが、サンセットの時間を狙うなら、スィーツがおすすめです!

いろんな種類のスイーツがあり、ジェラードやかき氷、サーターアンダギーにハワイのマラサダなんてのもあったりします!
一番のおすすめは、できたてのサーターアンダギーが食べられるKAME ANDAGI(カメ・アンダギー)。
名前も可愛いですよね。

 

シナモンや黒蜜などのフレーバー付きや、生クリームや紅芋などのディップ、そしてアイスクリームとのコラボなど、ちょっとオシャレなカフェ風サーターアンダギーです。
【店名】KAME ANDAGI(かめおじーのサーターアンダギー)
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】無休
【HP】Hhttp://kametenpura.com/

タイトルとURLをコピーしました