ファンタジードラマやゲームが好きなら
中世の街並み エストニア・タリンがオススメ!

この記事は約5分で読めます。

タリン初めてバルト3国の1つエストニア・タリンに行ってきました。

キッカケは何となく見ていた旅行関連サイトにあった、まるで絵本のような風景でした。
小高い丘から撮影したと思われるその写真には、撮影旅行の場所として、こんな素敵な場所があるだろうか、、、と心を躍らせてしまったのです。

日本人にとってはそれほど馴染みがない国かもしれないエストニア。
でもすごくアクセスもしやすく、日本から直行便が多数出ているフィンランド・ヘルシンキから乗り継ぎなら1時間ほど。船でも2時間で到着するので、ヘルシンキから日帰りツアーも多いという場所です。

中世の街並みを残したタリンの街は世界遺産にも登録されていて、町全体が観光名所。
特に ファンタジー系ゲームや”Game Of Thrones”などのファンタジー系ドラマ・映画などが好きな人にはもうキュンキュンしすぎる場所です!
今回はそんなエストニア・タリンの魅力をちらっとご紹介します!

スポンサーリンク

絵本のように美しい中世の街並み・ゲームやドラマの世界が現実に!

タリンを訪れる第1の理由は、「絵本のように美しい中世の街並み」です。

タリン旧市街は、中世の街並みを残した世界遺産にも指定されるタリン歴史地区
城壁で囲まれたこのエリアには、赤いとんがり屋根の塔が数多く残されています。世界史でならった言葉「ギルド」って覚えてますか?
「ギルド」は中世ヨーロッパに実在した商人のための組合です。ファンタジー系ゲームにも登場するかと思いますが、タリンにはギルドの博物館や当時のギルドだった場所が多く残されています。

こちらはタリン旧市街の入口・ViruGate(ヴィル門)。中世の世界への入口のようでドキドキしますね!

タリン・ヴィル門

こちらはタリン旧市街の中心に位置する旧市庁舎広場(ラエコヤ広場)。

ラエコヤ広場

こちらはタリン旧市街でも大人気のフォトジェニックな通り。聖カタリーナ通り(St. Catherine’s Street)。中世の街並みに迷い込んだような細い通りですが、インスタ映え!って感じの通りです。

カタリーナ通り・タリン

こちらはトームペア城。石灰岩の崖の上にそびえる城はエストニアの力の象徴だったそうです。現在は国会議事堂として使われているそうですが、46メートルの「のっぽのヘルマン塔」を見上げると、ファンタジーの世界に浸れます。
トームペア城

中世気分が味わえるレストランで世界観に浸る

ゲームやドラマの世界に出てくるような中世の雰囲気をしたレストランがあるのも魅力のひとつです。
なんか、観光客向けでいやだっていう方もいるかもしれませんが、とにかく行ってみてください。

元々ある古い建物を利用したレストランなので、雰囲気はもちろんですが、店員さんたちのコスチュームや店内のインテリア、食器まですべてにおいて、中世の雰囲気を貫いています。

その代表といえるレストランがOlde Hansa(オルデ・ハンザ)です。
私はオルデ・ハンザの公式サイトを見てから、胸の高鳴りを抑えきれず、予約して行きました。
Olde Hansa

予約なしでも入れそうですが、夏のシーズン中は予約した方が安心かもしれないです。HPから予約できますよ!

店内では中世の衣装を着た店員さんたちが、中世の楽器で雰囲気のある音楽を演奏してくれます。
また曲芸的なものをやってくれたりもしますよ!
それにしても美男美女ばかりです!
olde hansa

さらにお料理も意外と・・・というと失礼ですが、美味しいです!
Olde Hansa料理

日本からタリンへのアクセスは? ヘルシンキから船で2時間!

日本からフィンランド・ヘルシンキへはJALが成田からの直行便を毎日就航している他、フィンエアーが成田から2便、関空、名古屋からも1便ずつ毎日就航しています。所要時間は約10時間。

ヘルシンキからタリンへは、乗り継ぎで1時間ほどですが、おすすめは船です!
フェリーは3社くらいありますが、タリンク社のシリアラインがおすすめ!
大きくて綺麗な船なのでゆったりとした気分で船旅が楽しめます。

2時間なんてあっという間ですよ!

こちらはヘルシンキの西ターミナルの写真です。

シリアライン

⇒シリアラインの公式サイト(日本語)

ヘルシンキ滞在中の方は、日帰りツアーもたくさんありますよ!

ただ、私としては、タリンに宿泊することをおすすめしたいです。
理由としては、ヘルシンキから日帰りの観光客が多いため、日帰り団体客のピーク10時半〜15時くらいの間は、タリン旧市街は観光客であふれ返ります。そのため、有名なスポットは人だらけとなるので、写真もゆっくり撮影できません。

反対に、早朝から10時くらいまでの間や、夕方16:00以降になると人の数がものすごく減ります。夏のピーク時はもう少し多いかもしれないですが、宿泊すれば早朝や夜に思いっきり写真撮影を楽しむことができるのです!

私の写真に人があまり映っていないのは、そういう時間帯に撮影しているからで、日中はとっても人が多いのです!

私はタリンに3泊しましたが(多いですか?)、実は私にとっては足りませんでした。タリンだけに。。。(;゚ロ゚)
なので、すでにもう1度訪れたいと思っています。今度は5泊したいです。。。

エストニア・タリン旅行に便利なリンク

タリンを90秒で紹介する動画

タリンの魅力を90秒で紹介する動画です。
どんな所?と興味を持った方も、まだ興味があるかわからないという方もチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました