世界遺産・知床へのアクセス情報・車なしの場合は観光バスツアーで

この記事は約8分で読めます。


知床半島は、北海道の道東、オホーツク海の南端に突出した半島で、原生的な自然環境が破壊されることなく残されていると言います。
ヒグマやエゾシカの生息地であり、天然記念物であるシマフクロウやオジロワシも確認させている生物の宝庫でもあります。

実は大昔に修学旅行で行ったことがあるのですが、その時は一瞬バスで通った程度であまり記憶がありません。

なので、改めて知床方面を旅行してみたい・・・と思ったのですが

  • 車なしでもいけるのか?
  • ツアーで行く方がよいのか?

自分自身が旅行を検討するに当たって調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

知床ってどこにある?札幌からの距離

知床半島は、北海道の道東、オホーツク海の南端に突出した半島です。
札幌からの距離は400キロ以上で、車で行く場合、高速を使って6時間はかかる距離です。

東京から名古屋に高速を使って行っても、5時間ちょっと。距離は約350キロなので、改めて北海道の広さを実感する距離ですね。

意外と札幌行くついでに知床もいってみようかな?なんて思う方もいるのかもしれませんが
距離的には東京→名古屋よりも遠いということを認識しておきましょう!

知床へのアクセス:飛行機+車?

知床に近い空港というと2つ挙げられます

女満別(めまんべつ)空港

そして
根室中標津(ねむろなかしべつ)空港です。

  • 新千歳から 45分
  • 羽田から  105分
  • 関空から 125分 ※夏期限定
  • 伊丹から 120分 ※夏期限定
  • 中部セントレアから 115分

根室中標津(ねむろなかしべつ)空港利用の場合

根室中標津空港は、北海道標津郡中標津町にある空港です。
知床からの距離は 約115km で、車で2時間強の所要時間となります。

羽田空港から知床に行くには、飛行機と車で4時間ちょっとかかる・・・ということになります。

根室中標津(ねむろなかしべつ)空港利用の場合

ANAが定期便を運行しており、2017年8月の場合

JAL、ANA、 AirDoが就航しています。
札幌からの便は1日6便ほどありますが
東京からは1日4便程度、名古屋、関空、伊丹などは1日1便と限られています。

  • 羽田から1日1便 所要時間約120分
  • 新千歳空港から1日3便  所要時間約50分

根室中標津空港は、北海道標津郡中標津町にある空港です。
知床からの距離は 約115km で、車で2時間強の所要時間となります。

ANAが定期便を運行しており、2017年8月の場合

  • 羽田から1日1便 所要時間約120分
  • 新千歳空港から1日3便  所要時間約50分

となっております。

知床へは、新千歳空港を経由して行くことももちろんできます。
新千歳空港からは1時間弱です。

東京(羽田空港)や大阪(関空発)、名古屋(中部セントレア発)などのツアーで、レンタカー付きのものもたくさんありますので、お得で便利なものを選ぶことができそうです。

知床へのアクセス:車なしで自力で行くには?主要空港からバスで行く

知床へ車なしで自力で行くには空港からバスを利用することができます。
下記に主な空港からのバスルート、所要時間をまとめました。

実は知床にダイレクトに行くバスは、女満別空港からのエアポートライナーか札幌発のイーグルライナーのどちらかとなります。
※2017年8月現在
※女満別⇒ウトロ 片道

中標津空港 ~ 中標津バスターミナル ~ 知床(羅臼町またはウトロ温泉へ)

となります。

具体的には、

空港から中標津バスターミナルに移動

阿寒バス [釧路羅臼線] 1時間半で羅臼営業所へ

羅臼営業所から阿寒バス [羅臼ウトロ線] でウトロ温泉バスターミナルへ

日程に余裕があれば、自力で女満別空港経由で回ることができるかと思いますが知床内の観光についても、車がないと難しいので、バスを利用するか、現地ツアーを申し込む必要があります。

日程に余裕があれば、自力で女満別空港経由で回ることができるかと思いますが知床内の観光についても、車がないと難しいので、バスを利用するか、現地ツアーを申し込む必要があります。

知床を観光するツアーは、羽田空港発や関空発など飛行機とセットになったプランもありますし、札幌や新札幌発のバスツアーというのもあります。

これはかなりハードル高いですね。
車でない限りおすすめできないルートです。

次は、車なしにおすすめの観光バス付きツアーを紹介します。

車なしで回るなら観光バス付きツアーがおすすめ!

私が調べた中ですと、クラブツーリズムは、知床を巡るツアーは豊富ですので、自分の旅程や目的に合ったものを選ぶことができると思います。

温泉宿泊時間を多めにとってゆったり周遊できるプランや、知床をあますとこなく巡るプラン、そして富良野や旭山動物園、釧路湿原など広範囲を観光バスで巡るプランなど、様々なプランがあって魅力的だな。。。と思いました。

興味ある方は一度こちらのサイトでチェックしてみてください。
↓  ↓  ↓
クラブツーリズム

もし車なしで知床の主要な観光スポットを巡れれば・・・ということでれば、こうしたツアーを選択した方が料金的にも時間的にもお得かと思います。

では知床ツアーではどういった場所を巡ってくれるのでしょうか?

東京発 知床ツアーの一例

自分が行くに当たって色々調べたのですが、知床は、レンタカー付きのフリープランが多く、バスで色々回ってくれるものは多くはありません。

私が調べた中ですと、クラブツーリズムは、知床を巡るツアーは豊富ですので、自分の旅程や目的に合ったものを選ぶことができると思います。
温泉宿泊時間を多めにとってゆったり周遊できるプランや、知床をあますとこなく巡るプラン、そして富良野や旭山動物園、釧路湿原など広範囲を観光バスで巡るプランなど、様々なプランがあって魅力的だな。。。と思いました。

興味ある方は一度こちらのサイトでチェックしてみてください。
↓  ↓  ↓
≪北海道旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

ちなみに、一つ例をとってみますと(2017年8月現在の情報)
「世界自然遺産知床の5つ星の宿に2連泊 世界遺産 知床ぐるり周遊 3日」というツアーは下記のような内容でした。

1日目朝10:00-12:00羽田空港発

女満別または根室中標津空港着

オシンコシンの滝観光

ウトロ温泉泊

2日目朝9:30ホテル発
※別途オプションで知床半島クルーズ追加可知床世界遺産センター知床一湖をネイチャーガイドとウォーキングプユニ岬知床自然センターウトロ温泉泊
3日目知床峠観光

網走海鮮問屋

女満別または根室中標津空港発

羽田空港着(15:00〜18:35)

重要なポイントは回りつつ、ゆっくり温泉旅行を楽しみたいという方にはぴったりですよね。

ちなみに、私もすでに9月のクラブツーリズムのツアーを申し込みました。
色々と回って動画を撮ったり写真を撮ったりしたい・・・というところがありましたので

新千歳(または旭川)から入り、富良野や旭山動物園を経由、摩周湖を経由して知床での観光(クルージング含む)、そして、さらに釧路湿原などを巡るという2泊3日のツアーです。

スケジュールはハードですが、帰りは釧路空港から帰るなど、無理のないスケジュールを組まれているので、色々欲張りに観光したい、、、という人には良いと思います!

 

札幌発ツアーの一例

では、札幌発のツアーについても紹介しておこうと思います。
各旅行会社では、札幌や新札幌等発の北海道発着の知床ツアーを提供しています。

一例を挙げますと2泊3日で下記のような内容のツアーがあります。(2017年8月現在の情報)

1日目朝8:00 札幌駅北口前を出発

美幌峠、摩周湖などを観光

川湯温泉宿泊

2日目朝7:45ホテル発

知床観光船3時間45分クルージング
(知床半島最先端岬航路)

知床五湖(60分/高架木道で一湖まで散策)

知床峠観光

ウトロ温泉宿泊

3日目朝8:00ホテル発

フレペの滝ハイキング

知床自然センター

オシンコシンの滝観光

小清水原生花園、砂川ハイウェイオアシス館等観光

20:20札幌駅北口着

1日目は知床に到着できないのですが、2日目、3日目に知床の名所を一通り巡ることができます。
そして、知床観光船3時間45分クルージングが着いているのも良いですね。

札幌までLCCなどで格安航空券を購入すれば、こういったツアーに参加することができますが、朝が早いので、前日から札幌市内に宿泊しておく必要がありますね。
最終日も道路状況などによって飛行機の時間に間に合わない・・・なんてことにもなる可能性があるので、要注意。

この場合安全策を取るなら、4泊5日で前後を札幌市内泊する方が良さそうですね。
札幌も知床も両方楽しみたいという方はこういったものも良いかもしれません。


ということで、知床へのアクセスとツアーの情報についてまとめてみました。

  • レンタカーの運転に問題がない方⇒レンタカー付きフリープラン
  • 車なしで周りたい方⇒観光バス付きのツアー

がおすすめですね!

≪北海道旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

知床は9月を過ぎれば紅葉シーズンを迎えます。
私が行くときは少しは紅葉が見られるのかなぁ?と楽しみにしています。

※実際にツアーに参加した後記事を書きました。

タイトルとURLをコピーしました